バイトしてない学生がキャッシングはできる?

キャッシング審査は学生に対応した商品もありますが、収入があることが借りるための大前提なのです。
バイトしてない学生だと無職・無収入になるため、お金を借りることはできません。
学生キャッシングだから無条件で借りられるわけではなく、返済能力に応じた融資しかされないのです。
消費者金融のキャッシングだと、年収の3分の1以内で調整しましょう。
10万円以内なら審査に通過しやすいので、最初は10万円以内から申し込みするのがおすすめです。

バイトしてないと借入できませんが、一部のローンは保護者の同意があれば借りることができます。
ただし、この場合は保護者が保証人に設定されるため、返済は実質的に保護者が行っていくことになります。
未成年の場合は原則として自己責任でキャッシングの利用ができないので、親を保護者として設定する必要があります。

バイトしてない学生が借りるためには、何より仕事を見つけることです。
仕事をして給料をもらってから、キャッシングの申し込みをしましょう。
金融機関によって融資可能とする勤続期間が異なり、半年程度の勤続がないと貸してくれないケースもあります。
大人向けローンと比べると融通性はありますが、勤続1ヶ月などでは借りるのは難しいでしょう。
勤続年数について不安がある場合は、事前に業者に連絡して確認してみる必要があります。
審査を受ける前に無理だとわかれば、通過できない審査を避けることができます。
もしくはローンの公式WEBサイトの簡易診断を受けて、借入できるか調べてみることです。